2019年 11月 17日 (日)

人気のウーバーイーツ、問われる「システムの透明性」 運営側に見解を聞くと...

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   飲食宅配代行サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達中に転倒事故を起こしたところ、ウーバーの担当者からメールで契約解除を示唆された――。こんな対応はどうなのかとツイッター上で問題提起が行われ、反響を集めている。

   ウーバー側は、配達者の安全を最優先しているとしながらも、「ガイドライン違反があれば、アカウント停止もある」とJ-CASTニュースの取材に説明した。

  • ウーバーイーツの公式サイト
    ウーバーイーツの公式サイト

お見舞いの言葉とともに警告メール

   このメールは、ツイッター上で2019年7月に投稿された。ツイートによると、配達中に雨で濡れた路面でスリップしてバイクごと転倒し、打撲を負った。配達での交通違反行為はなかったという。このことをウーバー側に報告すると、事故対応担当者からお見舞いの言葉とともに、この警告メールが送られてきた。

   そこでは、不注意の事故があると、ウーバーのシステムが利用できなくなることもありうるとして、「今回のようなことが再度あれば、あなたのアカウントは永久停止となるかもしれませんのでご注意下さい」とも書かれていた。

   ウーバーイーツは、米配車サービス「ウーバー」の子会社で、3年前に日本に進出し、東京、大阪などの大都市でレストランと提携したサービスを展開している。配達員は、個人事業主としてウーバー側から業務委託を受け、スマートフォンのアプリを通じて好きな時間に自由に仕事ができるのが特徴だ。

   街中では、緑色の四角い荷物を背負って、自転車やバイクに乗る配達員の姿が見られる。

   配達員の数も増えているとされるだけに、メールの画像をアップしたツイートは、大きな反響を呼んだ。26日正午現在で2000件ほどもリツイートされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中