2019年 8月 26日 (月)

浜崎あゆみ「今更の暴露本」を深読み 「なぜ今」なのか、ヒントは...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年8月1日に発売される『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)がネット上で大きな話題になっている。同書の著者はノンフィクション作家の小松成美氏で、歌手の浜崎あゆみさん(40)への取材を基にまとめ上げた小説として発売されるという。そのためか、書籍の中を見てみると目次の前に、「事実に基づくフィクションである。」との記述があるのが確認できる。

   同書には、浜崎さんが1998年にエイベックスからCDデビューすることになったきっかけとなる、同社の松浦勝人社長(当時は専務)との出会いに始まり、松浦社長との交際、そして、1999年末に別れに至るまでが記されている。併せて、小説と最初と最後には、現在(2018年時点)の浜崎さんがこれらを振り返る描写があり、正に、浜崎さんの「自伝」とでも言える体裁となっていることが分かる。

  • 発売が迫る「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)
    発売が迫る「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)

「読みたい」との声が上がる一方、「安っぽくなる」との声も

   その行動の一挙手一投足が話題になる浜崎さんが自らのこれまでを振り返る内容だけあって、同書に関する記事が出るや、ネット上では賛否両論が噴出する事態となっている。あるツイッターアカウントは、「これめちゃめちゃ読みたいな」と、大きな興味を示しているほか、別のアカウントは、「浜崎あゆみが書いた中学生のポエムみたいな帯だけで白飯8杯いける」と、同書の帯に寄せられた浜崎さんからのメッセージに興味を引かれたとする声もある。

   ただ、その一方で、「暴露本は今出して欲しくなかった...安っぽくなる」と、同書を「暴露本」と見なして残念がるアカウントも。また、「暴露本に漂う今更感」と、いまだ現役稼働中の浜崎さんがなぜわざわざこの時期に秘密を暴露するような内容の本を出すのかといぶかる向きもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中