2020年 9月 19日 (土)

原1000勝で久々脚光の「ON砲」 名付け親は「虎党」スポーツ紙だった

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   巨人の原辰徳監督(61)が2019年7月30日、監督通算1000勝を達成した。プロ野球史上13人目で、同一球団で1000勝以上は5人目の快挙となった。巨人一筋では川上哲治氏の1066勝、長嶋茂雄氏(83)の1034勝に次いで3人目となり、名将の仲間入りを果たした。

   原監督のメモリアル勝利に球界をはじめてとし各界から祝福のコメントが続々と届けられ、スポーツ紙などで報じられた。そのなかで目についたのが「原監督1000勝をONが祝福」だ。久々に目にする「ON」の2文字。長嶋氏、王貞治氏(79)の両氏が、後輩の記念すべき1000勝達成に賛辞を贈った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

1963年に「ON砲」が誕生

   オールドファンには懐かしい「ON」。この英字の読み方が分からない若い世代の方がいるかもしれないが、これは「オー・エヌ」と読む。「オン」ではない。王氏と長嶋氏の頭文字を取ったもので、「ON」とは、王氏と長嶋のことを指す。スポーツ紙などの見出しで使用されるケースが多く、両氏の現役時代はスポーツ紙の一面に頻繁にこの2文字が躍った。

   その代表的な見出しが「ON砲」だろう。これは、王氏と長嶋氏によるアベックホームランを意味する見出しだ。当時は、王氏が3番に入り、長嶋氏が4番を任される試合が多かった。アベックホームランの数は史上最多となる106本を記録。「ON砲」は常勝巨人軍のひとつの代名詞でもあった。

   「ON砲」の見出しが初めてスポーツ紙の見出しに踊ったのは1963年のこと。デイリースポーツの紙面に採用されたのが最初である。連日、阪神の情報が一面を飾るブレない「虎党」のデイリースポーツが、意外にも「ON砲」の名付け親だったのだ。24年前、記者がデイリースポーツに入社した当初、ベテランの元巨人担当記者から「ON砲」誕生の経緯を聞いたことがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中