2019年 8月 19日 (月)

アメトーーク→行くと→「ひとり」 宮迫不在ネタにする蛍原に「ぜんぶ持ってかれた」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「ホトちゃんの芸人力を見た気がする」――闇営業問題で宮迫博之さんがテレビ番組から姿を消す中、相方の「雨上がり決死隊」蛍原徹さんが、現在単独でMCをつとめる「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で放った「ギャグ」が笑いを誘った。

   2019年8月8日の放送では、ゲストのお笑いコンビ「見取り図」が持ちネタを披露。これを蛍原さんがやってみた時、思わず口走った一言が視聴者に衝撃を与えた。

  • 宮迫博之さん(2015年撮影)
    宮迫博之さん(2015年撮影)

「大悟さんと蛍原さんでやってみてくださいよ」

   「見取り図」が見せたのは、出されたお題に合わせて「あるある」を即興でリズムにのせて言うネタ。誰かにお題を出してもらい、コンビ2人で間髪入れずに「上の句」→「下の句」2つの言葉をつなげる。

   実演で「サッカー」とお題を出された見取り図の2人は即興で「蹴ると」→「飛ぶ」とつなげてみせたが、あまりに当たり障りのない言葉だったためスタジオは苦笑。ゲストの「千鳥」大悟さんが下の句で挑戦するも、お題「甲子園」に対し「行くと」→「勝ったり負けたり」と、やはりごく普通の言葉に終始してしまった。

   締りのない展開にMC・蛍原さんもヤジを入れると、「大悟さんと蛍原さんでやってみてくださいよ」と駆り出された。蛍原さんは「お前らと芸歴違うねん」と意気込んだ。

   そこで、お題役の「千鳥」ノブさんが出したのは「アメトーーク」。これに大悟さんが上の句で「行くと」と言うと、下の句の蛍原さんがつなげたのは、まさかの

「ひとり」

だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中