2019年 11月 14日 (木)

N国・立花氏は「番組で発言させればよいのでは」 識者がMXに勧める理由

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「NHKから国民を守る党」を揶揄したタレントのマツコ・デラックスさん(46)に対し、同党の立花孝志代表(51)は、さらにバトルを続けるとユーチューブ上などで宣言し、騒ぎは収まらないままだ。

   立花代表の手法に著名人から次々に異論が出る一方、主張の一部に理解を示す声もある。

  • マツコさんとの直接対決はあるのか(2015年撮影)
    マツコさんとの直接対決はあるのか(2015年撮影)

「気持ち悪い」発言に、反論の機会を求める

   きっかけは、TOKYO MXテレビの情報番組「5時に夢中!」で2019年7月29日、月曜コメンテーターのマツコさんが「今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」「ふざけて入れている人も相当数いるんだろうな」などと発言したことだ。

   これに対し、立花代表は、ユーチューブ上などで「投票した人を侮辱するのは許せない」とマツコさんに怒りを露わにし、テレビ側には、反論のため自らを出演させるよう求めた。報道によると、8月12日には、東京都内のテレビスタジオまで押しかけ、ガラス越しに出演者が見える場所で約1時間にわたってマツコさん批判の演説をした。

   テレビ側は、ブラインドを降ろすなどして対応したが、立花代表は、「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」と気勢を上げた。

   立花代表は、その後も、マツコさんやテレビ側が謝罪などをしない場合は、毎週スタジオに押しかけるとユーチューブ上などで宣言したほか、番組のスポンサー企業の商品について不買運動をするともしている。

   ツイッターやネット掲示板などでは、2人のバトルに対し、様々な意見が寄せられている。

   「マツコも言葉選び失敗したね」「逃げちゃいけないと思う」「立花さんが、一方的な発言に苛立つ気持ちは分かる」と立花代表の考えに理解を示す声はあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中