2019年 9月 19日 (木)

客席ガラガラなのにチケット買えず...天皇杯「完売」の怪 反省の県協会「次年度は対応する」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   サッカーの天皇杯で、当日券が「完売」のため現地観戦できなかったファン・サポーターがいたものの、実際の客席は「ガラガラ」だった試合があった。インターネット上で疑問の声があがっていた。

   この試合を主管した公益社団法人・富山県サッカー協会は公式サイトで事情を説明。だが、ネット上ではなおも「入場できなかったことへの謝罪はないのか」といった怒りの声があがる。同協会はJ-CASTニュースの取材に「次年度は対応していく」と話している。何が起きていたのか詳しく聞いた。

  • 天皇杯3回戦が行われた8月14日の富山県総合運動公園陸上競技場の客席。空席が目立つ(撮影者より提供)
    天皇杯3回戦が行われた8月14日の富山県総合運動公園陸上競技場の客席。空席が目立つ(撮影者より提供)
  • 富山県サッカー協会は8月19日に公式サイトで説明した
    富山県サッカー協会は8月19日に公式サイトで説明した

小学生が「高校生用チケット」買わざるを得ず

   試合は2019年8月14日に富山県総合運動公園陸上競技場で行われた天皇杯3回戦、J1・ベガルタ仙台-J3・カターレ富山戦(1-0)。18時30分のキックオフに前後して、ツイッター上ではこんな投稿が散見された。

「完売にもかかわらずガラガラな事案発生」
「スタジアムガラガラなのにチケット完売?両サポが怒ってる?なにそれ?」
「当日券で観戦しようとしたが、当日券完売との事で泣く泣く退散 さぞや大勢の観客かと思いきや、観客数を見て愕然 何がどおなっているのか...」

   スタンドの写真をアップするユーザーもおり、確かに空席がかなり目立つ。観客動員数は公式記録で3238人。1万数千人は収容できる同競技場にあって、この観客数で「完売」とされていることには疑問が渦巻いた。

   問題点はもう1つ指摘された。「小学生用のチケットが売り切れたから高校生用チケットで対応ってどうなんだろ」「子連れの親は子供のためと小学生なのに高校生用チケットを買っていました」と、価格の高い高校生料金で小学生にチケットが販売されていたとの投稿があがっていたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中