2019年 9月 22日 (日)

若手官僚が厚労相に「緊急提言」 36歳代表者が込めた思い

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   厚生労働省の業務や組織改善を求める緊急提言を2019年8月26日、同省の20~30代の若手職員を中心とするチームが根本匠厚労相に行い、注目を集めた。

   提言に込めた思いとは。J-CASTニュースでは28日、チーム代表の人事課・久米隼人課長補佐(36)に話を聞いた。

「職員がいきいきと働ける職場じゃないと」と訴える久米課長補佐(2019年8月28日編集部撮影)
「職員がいきいきと働ける職場じゃないと」と訴える久米課長補佐(2019年8月28日編集部撮影)

調査で見えてきた「言葉を失う」意見

   チームは4月25日に発足。厚労省の職員約3800人にアンケートを実施したり、省内外の関係者にヒアリングをしたりした。その中で聞こえてきたのが、

「厚生労働省に入省して、生きながら人生の墓場に入ったとずっと思っている」
「家族を犠牲にすれば、仕事はできる」
「毎日の帰宅時間が遅い、業務量をコントロールできない」

など、「厚生労働省の職員として、言葉を失う」(緊急提言より)意見だった。

   緊急提言では、具体的内容として、以下の内容を求めている。

(1)生産性の徹底的な向上
(2)意欲と能力を最大限発揮できる人事制度の改革
(3)「暑い・狭い・暗い・汚い」オフィス環境の改善
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中