2019年 9月 17日 (火)

「お前、俺の小説パクったろ」飲み屋街で絡まれ... 志茂田景樹、京アニ事件で「体験談」振り返る

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   直木賞作家の志茂田景樹さん(79)が2019年8月27日にブログを更新し、京都アニメーション放火事件で逮捕状が出ている青葉真司容疑者が「京都アニメーション大賞」に複数の小説を応募していたと報じられたことを受け、「やはりそうか」として「懸賞小説」にまつわる自身の体験談をつづった。

   自身も懸賞小説に応募を続け、7年がかりで受賞したという志茂田さん。だが当時、路地で突然「お前、俺の小説パクったろ」などと恨みつらみをぶつけられたことがあったという。

  • 志茂田景樹さんのブログより
    志茂田景樹さんのブログより

「なぜ俺の作品が最終候補作にもならないんだ ということである」

   青葉容疑者をめぐっては26日、大賞に選ばれれば文庫化・アニメ化される「京都アニメーション大賞」に長編・短編小説を応募していたと京都府警が断定したことが報道された。また事件発生当時には、警察官に取り押さえられながら「(小説を)パクりやがって」と叫んでいたことが報じられている。

   志茂田さんは27日「容疑者『京アニ大賞』に執着 やはりそうか 懸賞小説の闇ってあるんだよ 僕も懸賞小説を唯一の手がかりにもの書きの世界に這い上がっただけに その闇のおぞましさは承知してるのよ」のタイトルでブログを書き、小説家として駆け出しのころの体験を次のようにつづっている。

   出版界につながりがなかった志茂田さんは「新人賞と称する懸賞小説に応募し 受賞するしか道はなかった」。受賞まで7年かかったが、作家の中には10~20年かけて受賞する作家もいる。「懸賞小説に応募する人って 数回応募して1次予選にも引っかからなかったら 大体あきらめる。同じ小説を時期をずらして 他の懸賞小説の賞へ応募して 10回以上という人もいるけれど やはり いずれあきらめる。2次予選以上に残ったことがあると それを励みにして根強く続ける人もいる。そのなかから苦節ン10年で受賞する人も出てくる」とする。だがそういうケースばかりではない。

「問題は何度応募しても 箸にも棒にもかからない作品なのに 本人は傑作のつもりで いずれは受賞すると思いこんでいる人である。応募作品の下読みをしている人の話によると 約半分は1,2枚読んだだけで 才能ゼロの作品らしい。編集部に問い合わせしてくる人の殆どは そういう人からだという。なぜ俺の作品が最終候補作にもならないんだ ということである。ここから懸賞小説の闇が始まる」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中