2020年 9月 29日 (火)

「スクール☆ウォーズ」主題歌の麻倉未稀さん ラグビー日本代表に「仲間と、そして自分を信じて」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   歌手の麻倉未稀さんといえば、1980年代の人気ドラマ「スクール☆ウォーズ」(TBS系)の主題歌を歌った歌手である。

   日本人離れした声量、音域の広さ、豊かな感情表現...。当時、少年ラガーマンだった記者も、その圧倒的な存在感は今でも脳裏を離れない。

  • ラグビー日本代表の健闘を祈り、代表ジャージにサインする麻倉未稀さん
    ラグビー日本代表の健闘を祈り、代表ジャージにサインする麻倉未稀さん
  • 公式球にもサインしながら、ニッコリ笑顔
    公式球にもサインしながら、ニッコリ笑顔
  • ラグビー日本代表の健闘を祈り、代表ジャージにサインする麻倉未稀さん
  • 公式球にもサインしながら、ニッコリ笑顔

放送当時は「眠かった思い出」しかない...

   会って驚いたのは、そのパワフルな歌声とは真逆の穏やかな話し方だった。

   麻倉さんは1981年に歌手デビュー。タレント堀ちえみさん主演「スチュワーデス物語」(TBS系)の主題歌のほか、高校ラグビーのドラマとして人気を誇った「スクール☆ウォーズ」の主題歌「ヒーロー」でも知られる。

   「スチュワーデス物語」、「スクール☆ウォーズ」が放送されていたのは、1983年~85年。デビューして間もない時に舞いこんできた大仕事だった。「8ビート」の曲を、日本人離れした声量、低音から高音までダイナミックに歌い上げた。しかし、そんなイメージとは違い、実にゆっくりとした口調で話し始めた。

「当時は、すごく忙しかったし、年に3枚ペースでアルバムを出していたんですね。レコーディングをやって、ツアーに出かけての繰り返し...。ほとんど休みがなくて、休みが取れたかと思うと、風邪をひいて寝込んじゃって。友達と約束していても、必ず私がダウンしちゃって。みんな『もう、寝ていた方がいいんじゃない?』っていうぐらいの日々でした」

   1カ月のうち、自宅で寝られたのは1週間あるかないか...だったそうだ。

「今みたいに交通機関も遅くまでなかった時代ですし、テレビ放送や取材なんかも入っていましたし...。楽しかったのは楽しかったんですけど、当時のことは、ほとんど覚えていません。ただただ、眠かっただけ(笑)」

   また、地方を回っていた時の苦い思い出もあったそうで、

「今みたいにコンビニのATMが普及しているわけでもなく、都市銀行がオンラインでつながっているわけでもなく...。ある時、お財布の中を見たら、スッカラカンで(笑)。さすがに不安になって、銀行を探したんですけど、地方銀行しかなくって」

   挙げ句、「郵便局なら全国にある」ということで、急いで郵便局の口座を開設。何とか苦境を乗り越えたのだそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中