2019年 11月 12日 (火)

【追記】海賊版サイト「Manga Rock」、閉鎖へ 有料配信で批判相次ぎ「漫画家と出版社に心よりお詫び」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   海外で人気の海賊版サービス「Manga Rock」の運営会社が2019年9月1日、J-CASTニュースの取材に「漫画業界にご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、配信を終了すると明かした。

   同サービスをめぐっては、業界関係者の問題提起に端を発し、日本で物議を醸していた。

  • Manga Rockウェブサイトより(画像はキャッシュ)
    Manga Rockウェブサイトより(画像はキャッシュ)

NYタイムズも紹介

   Manga Rockは、2000年代前半に海外向けにリリースされた。ウェブサイトとアプリ(iOS/Android)で日本などの漫画を英訳して配信している。公式ツイッターの配信作品リストには、「シティーハンター」や「聖☆おにいさん」、「坂本ですが」といった人気作品が並ぶ。

配信作品例(Manga Rock公式ツイッターより)
配信作品例(Manga Rock公式ツイッターより)

   Androidアプリは500万以上ダウンロードされ、米新聞大手ニューヨーク・タイムズの14年3月付記事(電子版)では、「5万作品以上を揃える」人気の漫画アプリとして紹介した。

   収益源は、ネット広告とサブスクリプション(定額制)サービス。通常は最新の作品が発売してから2週間後に配信され、一部の作品は読めないが、月5ドル払えばそれらの制限がなくなる。

   そのほか、ネット環境がなくても読める「オフラインリーディング」や、興味・関心に沿った作品をオススメする「パーソナライズ」機能もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中