2019年 12月 11日 (水)

強い台風15号、森田さんが「掛け値無しで危険」「首都圏最悪のコース」と注意喚起

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   強い台風15号が、日本列島に接近しつつある。予報によると、2019年9月8日夜から9日午前にかけて、関東を直撃する進路になっている。

   台風15号は、8日11時時点で八丈島(東京都)の南南西約140キロメートルに位置し、中心気圧は960hPa(ヘクトパスカル)。北西に向けて時速30キロで進んでいる。この台風をめぐっては、気象関係者から、ツイッターで注意喚起が相次いで呼びかけられている。

  • 気象庁公式サイトの台風進路予想(9月8日12時閲覧)
    気象庁公式サイトの台風進路予想(9月8日12時閲覧)

新幹線・在来線が続々計画運休へ

   気象庁は8日11時、今後の見通しを発表。8日夜遅くから9日明け方に、関東か東海地方に上陸し、昼前にかけて関東甲信地方を通過する見込みだとして、暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

   この発表によると、9日12時までの24時間の雨量は、関東甲信と東海地方の多いところで300ミリ。伊豆諸島が200ミリ、東北地方が150ミリとなる見込み。暴風は東海地方、伊豆諸島、関東地方で最大40メートル(瞬間60メートル)、東北地方で30メートル(45メートル)が予想されるという。高波は伊豆諸島が最大10メートル、東海・関東地方が9メートル、東北地方が7メートルの予想だ。

   これらの予報を受けて、東海道新幹線は、上りが8日17時以降、下りが20時以降、順次運休すると決めた。関東のJR東日本各線も、東海道線、伊東線、青梅線、京葉線、内房線、久留里線、外房線が19時以降に順次運転を見合わせる予定だ(12時時点)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中