2021年 1月 17日 (日)

「花園で育った」JRFU新理事・谷口真由美氏が、「W杯後」のラグビーにかける思い

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

子どもたちの「ファーストスポーツ」がラグビーであったら...

   JRFUは今、日本ラグビーのプロ化を目指して動いている。その中で、プロチームの傘下に「少年少女ラグビー」を取り入れようとしている。ただし、ラグビーというスポーツは頭を打ったりケガをしたり...という競技であることも、疑う余地はない。しかし谷口氏は、

「まずは、エンジョイラグビー。少なくとも普及、育成の段階で『勝利至上主義』は、ダメやと思っています。親御さんが『子供にさせたいスポーツNo.1』にしたいですよね。親がやらせる時に、そこにラグビーボールがあってほしいな。子どもが生まれたら、ラグビーボールを贈る文化にならないかな...と。その後は、どんなスポーツをやってもいいしね」

   W杯後も、日本のラグビーを盛り上げていくことを誓った。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中