2020年 8月 11日 (火)

志らくの「スタジオ移動」、3日続け中継 「いらない」派VS「毎日見られる?」の期待派

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   落語家の立川志らくさん(56)が司会を務めるということで鳴り物入りで始まった、TBS系の朝の情報番組「グッとラック!」。2日目となる2019年10月1日のオープニングでは志らくさんが「朝から濃すぎる!(という声が上がっている)」と自らネタにするなど、その内容の詰め込みぶりなどが話題を呼んでいるが、その中でも特に注目を浴びているのが、志らくさんがスタジオを移動する様子だ。

  • 「グッとラック!」公式サイトから
    「グッとラック!」公式サイトから
  • 「グッとラック!」公式サイトから

移動距離は片道約150メートル

   番組がスタートした9月30日。8時に放送が始まり、9時55分になると、志らくさんは共に進行役として出演している国山ハセンアナウンサー(28)と、アシスタントの若林有子アナウンサー(23)と共に、番組放送中のTBSのDスタジオを出て廊下を歩いて移動。その様子はそのまま中継され、志らくさんらは同局のFスタジオに到着し、芸能コーナーを始めた。

   その理由は、Dスタジオでは10時25分放送開始の「ひるおび!」の放送のためにスタジオの転換が必要であるためだ。移動中、Fスタジオからその様子を実況した高野貴裕アナウンサー(40)は、移動時間は2分半であることや、翌日の放送からは、移動時間はCMになること、移動距離は約150メートルであることなどを説明した。Fスタジオでのコーナー出演のあと、志らくさんはまたDスタジオに戻る。

   というのも、志らくさんは「グッとラック!」の直後に放送される「ひるおび!」の1部(10時25分~)にレギュラーで出演しているため、9月30日以降は連日、「グッとラック!」の放送中だけでなく、「ひるおび」に出演すべく、元来た道を戻って「ひるおび!」の放送があるDスタジオに戻ることになる。そのFスタからDスタへの移動の様子は、30日はもちろん、10月1日および2日の「ひるおび!」の冒頭でも中継された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中