2021年 3月 4日 (木)

Gショックが社会に与えた影響 科博の「未来技術遺産」、2019年の顔ぶれは...

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

耐衝撃性を「驚異的に」引き上げた

   カシオ計算機の「ヘビーデューティースポーツ DW-5000C」は1983年の発売で、耐衝撃腕時計「G-SHOCK(ジー・ショック)」の一号機だ。時計の駆動部分への衝撃を多段階で吸収する構造を採用し、同博物館は「時計の耐衝撃性を驚異的に引き上げ、高級機にしかできなかった過酷なアウトドアやスポーツでの使用を身近なものにした」と評価した。

   腕時計はG-SHOCKのほか、セイコーが1973年に発売した液晶デジタルクオーツ「セイコー クオーツLC V.F.A 06LC」も「世界で初めて時・分・秒の6桁表示をLEDで実現したデシタルウオッチ」として登録されたほか、シチズンが1976年に発売した太陽電池のアナログクオーツ腕時計「シチズン クオーツ クリストロン ソーラーセル」も、太陽電池式腕時計の先駆的機種として認められている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中