2019年 12月 10日 (火)

RAD野田「漢文不要論」に賛否 「本当意味がない」「前時代的に感じる」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   漢文の授業は「本当意味がないと思う」――

   ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎さん(34)の「漢文」をめぐる持論が、ネット上で議論を呼んでいる。漢文を日本語で訓読する意味が分からないとして、「受験や試験のための科目な印象」などと切り捨てたためだ。

  • 議論を呼んだ野田さんのツイート
    議論を呼んだ野田さんのツイート

「漢文の授業ってまだあるの?」

   野田さんは2019年10月6日未明、突如ツイッターで「漢文の授業ってまだあるの?」と問いかけた。

「あれって本当意味がないと思うんだけど、なぜいまだにあるんだろう。普通に中国語で読める漢文を教えてほしかった」

   続けて、レ点などの「返り点」や送り仮名をつけて、日本語で訓読することについて「どれだけ意味があるんだろう」として、

「受験や試験のための科目な印象。前時代的に感じる」

と否定的な意見を発したのだ。

   この投稿にフォロワーから「私、国語大好きなのに 漢文だけは全く理解不能だったなー古文はすきなんだけどね」と共感するリプライ(返信)が寄せられると、野田さんはこれを引用する形で、

「うん、古文は俺もあっていいと思う」

とつぶやいた。

   こうした持論をめぐって、ツイッターでは賛否の分かれた意見が相次ぐ状況に。「漢文読めて得したことが一度もない」「納得しかないです」と野田さんの意見を支持する声が寄せられる一方で、

「漢文を勉強する意味は語学というより、日本語の歴史に近いのでは」
「そもそも漢文は言語を身につける能力を求めてる訳じゃないと思う」
「漢文が読めないと歴史書なんて全部読めませんよ。日本の歴史を知るツールを失うことになります」

といった声も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中