2019年 10月 18日 (金)

入来、石井琢に巨人「入閣」待望論 動き出す来季コーチ人事...「トリプル100」投手も?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   レギュラーシーズンの全日程が終了し、来シーズンへ向けての動きが出始めている。

   ソフトバンクは2019年10月7日、入来祐作3軍投手コーチ(47)と飯田哲也3軍外野守備走塁コーチ(51)の今シーズン限りでの退団を発表した。入来氏、飯田氏ともに2015年にコーチに就任し、入来氏は2軍と3軍の投手コーチを務め、飯田氏は1軍の外野守備走塁コーチも務めた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

入来氏は用具係からコーチに昇格した苦労人

   チームがクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージ進出をかけて戦っている最中の発表となった今回の退団。入来氏、飯田氏ともに「再就職先」が注目されるが、なかでもG党が注目するのが入来氏だ。現役引退後は横浜ベイスターズ(現DeNA)のチームサポーターを務め、打撃投手、用具係などの雑用をこなし、2015年からソフトバンクのコーチに就任した苦労人である。

   ソフトバンク初年度は3軍の投手コーチ、翌年には2軍投手コーチに就任。チームでは5年間、主に若手投手の育成に力を注いできた。この日、入来氏のソフトバンク退団が報じられると、巨人OBということもありネット上ではG党が素早く反応。「ぜひ、巨人の若手投手を育ててほしい」、「ソフトバンクでの経験を巨人で生かしてほしい」との声が上がるなど、早くも原巨人入閣への期待が高まっている。

   今シーズン限りでヤクルトを退団した石井琢朗氏(49)の初入閣も期待されている。石井氏は2012年に広島の選手兼1軍野手コーチとなり、同シーズンの引退後に専任コーチに。17年に広島を退団しヤクルトの1軍打撃コーチに就任。今シーズンはチームが最下位に沈み、この責任を取る形で小川淳司監督が退任し、これに伴い1軍のコーチングスタッフの多くが退任した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中