2019年 10月 19日 (土)

神戸の小学校「教員いじめ」モザイク動画も報道 「顔も名前も隠す必要がない」の声

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   神戸市立東須磨小学校で「教員間いじめ」などがあった問題で、メディアでは、問題行為の場面だとする動画を顔部分にモザイクをかけて報じている。

   ツイッターでは、「いじめではなく犯罪だと思う」「(加害者の)教員4人の実名報道を早くすべき」といった反応が相次いでおり、中には、「関係者」を名乗り、加害者4人の名前と顔を特定したとする真偽不明の情報を発信する人物も出る事態となっている。

  • 教育現場などへの不信感が高まって…(写真はイメージ)
    教育現場などへの不信感が高まって…(写真はイメージ)

周囲から「あはははは!」との声が響く

   「ごめんなさい、僕はもう辛いのは好きじゃないんです!」。被害者の20代男性教員はこう叫ぶが、加害者の30代男性教員が羽交い絞めにして押さえ、周囲から「あはははは!」との声が響く。

   被害者は、「もうアカン、アカン、嫌だ!」と泣き声になるが、周囲が「はよ、はよ、はよ」とけしかけ、もう1人の加害者の40代女性教員がスプーンで激辛カレーを口に突っ込む。すると、周囲から「ヤバい、ヤバい、死んだ?」との声が漏れ...。

   これは、テレビ各局の情報番組などで流れた50秒ほどの動画だ。2018年9月の放課後に校内の家庭科調理室で起きたといい、映像を撮ったのは別の教員らしい。顔にはモザイクがかかっている。

   東須磨小で18年から繰り返されたハラスメント行為は、次第に具体的中身がはっきりとしてきた。

   報じられた別の写真では、被害者は、激辛カレーを目に擦り付けられたような姿が映っていた。このほかに、加害者の1人の30代男性教員が、被害者が買った新車の屋根に土足で乗る様子の写真もあった。やはりモザイクがかかっている。

   また、加害者による行為として、携帯電話をロックして使えなくする、すねに粘着テープを張って毛をはがす、さらには、加害者の1人が授業中に激辛カレーの件を面白そうに児童に話したといった情報も報じられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中