2019年 10月 16日 (水)

「ノーベル文学賞のたびにがっかりされて...」 毎年「逃す」報道の村上春樹が「可哀想」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「村上春樹さん、ノーベル文学賞を逃し『14度目の正直』はならず」――2019年のノーベル文学賞発表を受け、スポーツ報知(ウェブ版)はこんな見出しで報じた。

   もう10年以上にわたって繰り広げられる、この季節の「村上さん受賞逃す」「ファン落胆」報道。ツイッターには「取れなかったニュース、もうお腹いっぱい」とメディアにあきれる声から、「毎年話題にされる村上春樹、可哀想だな」と本人に同情する意見も。今回の各メディアの報道ぶりについて、ウェブ版記事(見出し)を中心にまとめてみると、濃淡が見受けられた。

  • 今年も注目を集めた村上春樹さん
    今年も注目を集めた村上春樹さん

「ファンからため息」「春樹ファン落胆」

   日本時間の10月10日夜、2018年と19年の2年分のノーベル文学賞が発表された。18年はポーランドのオルガ・トカルチュク氏、19年がオーストリアのペーター・ハントケ氏だった。

   翌11日朝までの各メディア報道(ウェブ版、見出し)をみると例えば、先にもふれたようにスポーツ報知が「村上春樹さん、ノーベル文学賞を逃し『14度目の正直』はならず」と報じている。記事では「村上さんは、06年に過去に多数のノーベル賞作家が受賞したフランツ・カフカ賞に選ばれて以降、ブックメーカーなどで本命の一人に挙げられてきたが(略)」と、06年から数えて「14度目の正直」の説明をしている。スポーツ紙では他にも、「村上春樹氏ノーベル文学賞逃す 高校同級生もため息」(日刊スポーツ)などが見つかる。

   新聞大手の配信ニュースで、村上さんファンの反応を見出しにとって報じたのは、

「日本人受賞かなわず 村上春樹氏ファンからため息 (略)」(毎日新聞)
「『残念』春樹ファン落胆 ノーベル賞、来年に期待」(産経ニュース、いずれも10日)

の2紙だった。もっとも、読売新聞オンラインでは、関係しそうな「国内」や「エンタメ・文化」欄などの過去記事一覧では見当たらず、サイト内検索欄で調べても出てこなかったが、村上さんの子供・青年時代のゆかりの地、兵庫県版のページには

「春樹ファン ため息」(11日朝)

と、「読者会員限定」記事が見つかった。

   朝日新聞デジタルでは、発表(日本時間10日20時から)前の15時30分頃に

「『ハルキスト』の悲願かなうか? 文学賞見守り、今年も」(有料記事)

の記事を配信したが、結果が出たあとの落胆ぶりなどを伝える記事は見つからなかった。兵庫県版ページでも見当たらなかった。

   日本経済新聞の電子版は「欧州の2氏にノーベル文学賞 村上氏は受賞ならず」と、見出しに村上氏の名前をだして伝えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中