2019年 11月 15日 (金)

「変なホテル」ロボットに脆弱性 客室が「覗かれる」恐れ...HIS、対応し謝罪

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)グループが手掛ける「変なホテル」で、客室に設置したロボットに脆弱性があったことが分かった。

   第三者によって、遠隔から客室の映像や音声を視聴される恐れが一時的にあり、HISホテルホールディングス(HD)は「今後同じようなことが発生しないよう努めてまいります」とコメントする。

  • タピア(変なホテル公式サイトより)
    タピア(変なホテル公式サイトより)
  • アクセスを試みた際の画面(ツイッターより)
    アクセスを試みた際の画面(ツイッターより)

米国人男性の指摘で発覚

   ホテル内のいたるところにロボットが置かれ、接客までこなす「変なホテル」。東京や福岡、京都などに12施設を構える。

   舞浜東京ベイ(千葉県浦安市)の全客室には、コミュニケーションロボット「タピア」が設置されているが、セキュリティー上の脆弱性が見つかった。

   きっかけは、2019年7月に宿泊した米国人男性が「カメラとマイクに遠隔からアクセスできる」などとツイッターで指摘したためだ。投稿は広く拡散し、不安が広がった。

   男性はJ-CASTニュースの取材に対し、NFC(近距離無線通信規格)に対応したリングを装着した手でタピアを操作しようとしたところ、リング経由でシステムにアクセスできることが分かったという。そのため、特別なスキルがなくてもスパイウェアをインストールさせ、ロボットを遠隔操作できると警鐘を鳴らす。

   男性はHISホテルHDに報告するも1か月以上返信がなかったため、ツイッターでの公表に踏み切った。なお、男性はセキュリティーエンジニアの仕事に就く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中