2019年 11月 15日 (金)

セブン&アイ、大幅リストラに踏み切った背景 カリスマ経営者の「負の遺産」手放す

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   国内流通業でイオンと並ぶ「2強」であるセブン&アイ・ホールディングスが打ち出したリストラ策が、波紋を広げている。

   2019年10月10日に発表したもので、百貨店の約3割を閉鎖し、総合スーパーの約2割を閉鎖や譲渡の対象とするなど、思い切った内容だ。併せて発表した同8月末までの半年間の連結決算は過去最高益を更新したものの、主力のコンビニ事業は曲がり角を迎えており、かつてグループを牽引した「カリスマ経営者」が残した「負の遺産」の整理を加速させるには待ったなしの状況だった。

  • セブン&アイHDのリストラ策、その成果は?(Kentinさん撮影、Wikimedia Commonsより)
    セブン&アイHDのリストラ策、その成果は?(Kentinさん撮影、Wikimedia Commonsより)

イトーヨーカ堂も33店舗を閉鎖or譲渡

   百貨店の「そごう・西武」は全15店舗のうち、西武岡崎店(愛知県)、西武大津店(滋賀県)、そごう西神店(兵庫県)、そごう徳島店(徳島県)、そごう川口店(埼玉県)の5店舗を2021年までに閉鎖。西武秋田店(秋田県)と西武福井店(福井県)は売り場を縮小する。総合スーパーの「イトーヨーカ堂」も全158店舗のうち33店舗を閉鎖や譲渡の対象とするが、具体的な店名は明らかにしていない。

   百貨店と総合スーパーの苦境はセブン&アイに限った話ではない。アマゾンなどのインターネット通販やユニクロなどの専門店に客を奪われ、百貨店では最大手の三越伊勢丹ホールディングスも店舗を相次いで閉鎖しており、ファミリーマートも傘下にあった総合スーパーのユニーを売却している。

   セブン&アイは、そごう神戸店(兵庫県)と西武高槻店(大阪府)を関西が地盤のエイチ・ツー・オーリテイリングに譲渡。イトーヨーカドー福山店(広島県)は西日本で「ゆめタウン」を展開するイズミに譲渡するなどリストラを進めてきており、こうした動きがさらに加速する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中