2021年 3月 1日 (月)

「目標」と「目的」の違いは... MBA取得のラガーマン俳優・廣瀬俊朗氏が講義

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「試合に出られないから、オレは意味がない...」ではなく

   廣瀬氏は続けた。

「もちろん皆さん、『試合に出たい』と思うでしょ。ラグビーに限らず、どんなスポーツでもセレクションは起こる。でも、試合には出られなくても『自分自身は成長している』、『誰かに影響を与えている』...っていうことを考えた方が、健康的。もしくは将来、自分が成し遂げたいことにつながる。そこが大事なポイントかな...って思います」

   さらに、

「皆が1.01%を頑張るのと、0.99%の力でやるのとを毎日、掛け算したら、どうでしょう? 大きな違いが出てくることは明らかでしょ」

   ドラマ「ノーサイド・ゲーム」では、廣瀬氏が演じた浜畑譲が、現役を引退し、次期GM(ゼネラルマネジャー)に就任するところで幕を閉じた。実物と役が、重なって見えた。

   また印象的だったのが「まず1人で考えてみよう」。次に「隣の人と意見交換しよう」という、廣瀬氏独自のメソッドだった。

   最後に廣瀬氏は、

「意見交換ができない...という環境は、よくない。『こういうことを言ったら、周囲に嫌われる』とか、そういう風潮をチーム内に蔓延させてはダメ。今回のジャパン(日本代表)が成長できたのは、皆でそういう議論ができたからこそ。1人で考えて相談する。2人の意見がまとまったら、4人で...。そうやってチームは強くなっていく」

   選手たちは必死にメモを取っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中