2021年 1月 18日 (月)

「一生懸命やっている人たちが一番かっこいい」 SKE48大場美奈、「人の本気を笑わない」を座右の銘にした思い【インタビュー】

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

卒業時期決めて逆算して活動するのは「もったいない時間」

―― 人によって様々ですが、「将来は女優になりたい」などと明確に目標を決めている人もいます。今のお話をうかがっていると、大場さんは全然そういうことはなくて、SKE48からの卒業とかは全然視野に入れていらっしゃらない、ということでしょうか。

大場: 卒業はいつかはするものだなと思っていますが、卒業の時期を決めて、そこから逆算して「それまでにこれをやって、これをやって、じゃあここら辺で発表して...」というのは、自分の人生にとって楽しめない、もったいない時間だと思ってしまいます。自分は楽しんで生きていきたい人なので、自分の卒業のタイミングは、「歌って踊って、もうおなかいっぱい」となった時だと思います。

―― AKB48グループ以外の仕事が増えると「卒業フラグ」と言われますが、そんなことはない、ということですね。

大場: 今は、歌って踊ることがめちゃめちゃ楽しいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中