2019年 12月 14日 (土)

メルペイはなぜ、きゃりーぱみゅぱみゅを起用したのか CM出演者から見るPay戦争

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「○○Pay」。ユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートしたこの語は、2019年を代表する言葉ともいえるだろう。

   今年の前半には、各社大々的なキャンペーンを打ってきた。しかし、10月の消費増税以降は、「高還元率」のアピールは少なくなり、それぞれ独自色を出しつつある。「誰を起用しているか」を通じて、各社がどのようなブランド戦略をはかっているのか考えてみる。

  • きゃりーぱみゅぱみゅさん(2019年3月撮影)
    きゃりーぱみゅぱみゅさん(2019年3月撮影)

吉本芸人で「親しみ」推すPayPay、対するメルペイは

   PayPayは、以前からイメージキャラクターだった宮川大輔さん(47)に加えて、ゆりあんレトリィバァさん(29)もCMに出演。宮川さん(京都府)、ゆりあんさん(奈良県)と、関西出身の吉本芸人を相次いで起用することで、親しみやすいイメージを定着させつつある。また、同系列であるソフトバンクホークスの本拠地、福岡ドーム(現:福岡ヤフオク!ドーム)のネーミングライツ(商標権)を取得して、20年から「福岡PayPayドーム」に改める。日本シリーズを3連覇した「若鷹軍団」の強さを武器に、さらなる高みを目指す。

   幅広く親しまれようとするPayPayに対して、メルカリのメルペイは、ターゲットを絞ったうえで、複数の層に向けた戦略を行っている。紹介キャンペーンの「すすメルペイ」では、YouTuberのHIKAKINさん(30)と、はじめしゃちょーさん(26)に加え、11月から歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(26)がCM出演。いずれもティーンから20代にかけて愛される人物だ。また、商店街をジャックする「メルペイ通り」キャンペーンでも、4月の第1弾は東京・原宿の竹下通りで行われ、「若さ」を打ち出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中