2019年 12月 14日 (土)

参院千葉に「小西ひろゆき」同姓同名が出馬? SNSアカウント登場も「フェイク」と明かす

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   野党統一会派の小西洋之参院議員と同じ読み方だとした人物が小西議員と同じ選挙区で立候補するとツイッター上でうたい、NHKから国民を守る党(N国)が擁立するのではと一時、騒ぎになった。

   N国の立花孝志代表が、トラブルにもなっている小西議員と同姓同名の候補を立てたいと公言していたことがきっかけのようだ。今回の騒ぎについて、立花代表と小西議員に話を聞いた。

  • 同姓同名の候補を出すことが論議に(写真はイメージ)
    同姓同名の候補を出すことが論議に(写真はイメージ)

ツイッターのトレンド上位入り

   「噂には聞いていましたが、本当だったとは」。立花代表の辞職に伴って繰り上げ当選したN国の浜田聡参院議員は2019年11月16日、ツイッター上でこうつぶやいた。

   それは、「小西博之(小西ひろゆき)」を名乗る人物が、小西議員が改選となる3年後の参院選千葉県選挙区に立候補を予定しているとするツイッターアカウントの画像を見てのことだ。

   このアカウントでは、N国の活動を賞賛する投稿もあり、それを浜田氏もリツイートしていた。

   そのこともあってか、ネット掲示板などでは、N国が小西議員の選挙区でこの人物を擁立するのではとの憶測が駆け巡った。

   「これは笑う」「嫌がらせのセンスが半端ない」「かなり票が割れるね」と関心を寄せる書き込みが相次ぎ、浜田氏の投稿も次々にリツイートされて拡散した。この騒ぎで、「小西ひろゆき」がツイッターのトレンド上位にも一時入った。

   2017年の佐賀県唐津市議選では、「青木茂」という同姓同名の男性が2人立候補し、多数の票が2人に案分される結果になっている。小西議員の選挙区でも、同様の事態が想定されるのではないかということだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中