2020年 9月 28日 (月)

セブン通販、ツイッター連携でDM読まれる? 権限要求に消費者不安、広報「行使はありません」設定変更へ

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

数年前から運用

   セブン&アイHD広報センターは22日、J-CASTニュースの取材に、数年前から9つの権限を取得していたといい、「将来的なアプリの追加、変更などを見据えた形での表記をさせていただいておりました」と経緯を明かす。

   事業者らがツイッター連携を導入する場合、アクセス権限は主に「読み取り(Read only)」「読み取りと書き込み(Read and write)」「読み取り、書き込み、ダイレクトメッセージ(Read, write and access Direct Messages)」の3段階あり、オムニ7はもっとも権限範囲の広いレベルに設定していた。

   もっとも権限範囲が狭い「Read only」でも、「このアカウントのタイムラインに表示されるツイート(非公開ツイートを含む)や、リストとコレクションを確認する」「このアカウントでプロフィール情報とアカウントの設定を確認する」「フォロー、ミュート、ブロックしているアカウントを確認する」の3つを取得できる。

   そのため同広報は、「許諾項目のうち、上記3つについて(READと呼ばれるもの)は、Twitter仕様上、最低限必ず掲出が必要との認識からのせており、それ以外の項目については、現在のオムニ7のサービスの特性上権限の行使はありません」と釈明する。

「今回のお客様からのご指摘をもとに、掲出が最低限必要な上記 3 項目(READとよばれる部分)のみの表示への変更、プライバシーポリシー、利用規約も管理画面の設定でURLリンク表示をすすめてまいります」(広報チーム)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中