2019年 12月 10日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
大統領はなぜ、映画「ジョーカー」を気に入ったのか

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2019年10月4日の日米同時公開前から、「現実の暴力を誘発する」と懸念され、話題になっていた「Joker(ジョーカー)」。

   トランプ大統領はこの映画が気に入ったようだ。2019年11月16日夜、ホワイトハウスで上映会を実施。家族や友人、一部のスタッフが参加した。

   トーク番組司会者マーレイ・フランクリン役でこの映画に出演しているロバート・デ・ニーロは、上映会の実施を知ると不満げだったという。「この政権はジョークだ。早く終わることを願うばかりさ」。

   デ・ニーロはこれまで何度も公の場で、ときには放送禁止用語を使って「あいつはクソだ」、「アホだ」、「豚だ」、「この国の恥だ」などとトランプ氏を激しく非難。躊躇することなく怒りをぶつけてきた。

   トランプ氏がこの映画を気に入った理由は、「デ・ニーロがジョーカーに殺されるから」と揶揄する声も聞かれる。

  • 日本でも公開された映画「ジョーカー」
    日本でも公開された映画「ジョーカー」

ホワイトハウスで家族やスタッフと上映

   ゴッサムシティ(ロケ地はニューヨーク)に住む大道芸人のアーサー・フレック(ジョーカー)は、コメディアンになることを夢見る心優しい白人男性。本来は人を笑わせたいのに、人に笑われるばかりだ。

   子供の頃に受けた虐待により精神を病み、笑ってはいけないときに笑いがこみ上げてしまい、繰り返し誤解を受ける。自らカウンセリングにかかりながら、同居する母親の介護もしている。

   真面目に働いているが、不良少年らに商売道具を引ったくられて暴行され、護身用の拳銃を小児病棟で仕事中に落として解雇される。地下鉄で証券マンたちに暴力を振るわれ、相手を射殺してしまう。

   市の衛生局職員のストライキで、街にはゴミが散乱し腐臭を放つ。上流階級の生活に変わりはないが、貧困層は暴力的になり、アーサーが起こした事件をきっかけにデモが活発化する。その後もアーサーに失意や悲劇が重なり、悪に満ちたジョーカーへと変貌していくさまが残虐に描かれている。

   ホワイトハウスの上映会について知った私の知人のジョナサン(40代、ニューヨーク市在住)は、この映画を観に行ったが、残忍すぎて途中で立ち去ろうかと思ったという。

   ジョナサンは吐き捨てるように言う。「法や秩序とは無縁なトランプを支持するのは、アーサーのような男だ。アーサーはトランプ自身でもあるから、この映画を気に入るのは当然だろう。どんな悪や狂気でも、熱狂的で愚かな連中に祭り上げられれば、この国の大統領になってしまうんだ。デモに参加する暴徒は、トランプを支持する白人極右のようだ」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中