2019年 12月 7日 (土)

崖っぷちの松坂、斎藤佑、中島... 来季は信頼を回復できるのか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   西武は2019年12月3日、中日を退団して自由契約となった松坂大輔投手(39)と契約合意したことを発表した。

   1年契約で年俸は3000万円(金額は推定)。背番号は「16」に決まった。松坂は1999年のドラフト1位で西武に入団し、2006年にMLB挑戦のため渡米。14年ぶりの古巣復帰となる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

ファンの不興買ったリハビリ中のゴルフ

   今シーズンは2月のキャンプ中にファンとの接触により右肩に炎症を起こし、大きく出遅れた。リハビリ中の5月にはゴルフに興じる姿が写真週刊誌に掲載され、球団からペナルティーを与えられた。リハビリ中のゴルフは野球ファンの不興を買い、ネット上では批判の声が殺到。7月に復活のマウンドに上がったものの、今シーズンの登板はわずか2試合だけだった。

   西武は今シーズン、リーグワーストのチーム防御率を記録し、投手陣の立て直しが大きな課題となる。松坂が加入することにより、グッズ販売などの営業面で期待される一方で、若手に与える影響力にも期待を寄せている。ただ、現役選手としてどれだけチームに貢献できるかは不透明で、成績次第では来シーズンが現役最後となる可能性も。失いかけたファンの信用を取り戻すことも必要となってくる。

   巨人の中島宏之内野手(37)もまた来シーズンは背水の陣となる。中島は3日に契約更改交渉に臨み、減額制限(年俸1億円以上の選手は40%)を超える大幅減となる1億3000万減の2000万円(金額はいずれも推定)で更改した。代打の切り札として期待された今シーズンは43試合に出場して打率.148、1本塁打5打点と振るわなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中