2020年 10月 22日 (木)

ローソン×KDDI提携の陰に「ポインコ兄弟の悲哀」 私ファミマ♪の替え歌に、実は深い意味が?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   ♪私ファミマ、今すぐにファミマ......。NTTドコモのマスコットキャラクター「ポインコ兄弟」が、1982年のヒット曲「待つわ」の替え歌にのせて、ファミリーマートでdポイントが付与されるようになった、と告知するCMが頻繁に流れている。

   NTTドコモはこれまで、ローソンとの関係が深かったが、突然のファミマ推しに困惑した人もいるだろう。その「答え合わせ」なのだろうか、ローソンと、ライバルであるKDDIの提携が発表された。

  • ふたりの距離は縮まるか
    ふたりの距離は縮まるか
  • ふたりの距離は縮まるか

au WALLETポイントを「Ponta」に統合

   KDDIとローソンは2019年12月16日、資本業務提携契約を締結したと発表した。ローソンの211万株(発行済株式総数の2.1%)をKDDIが取得するほか、両社のポイントサービスを統合するのが要旨だ。KDDIでは、これまでau WALLETポイントを付与していたが、20年5月以降にPonta(ポンタ)へ統一。ID連携を進めることで、会員数1億超、モバイル口座数2200万超、年間ポイント付与額2000億円超の「国内最大級」(両社発表)の会員基盤を手にするという。

   Pontaは、三菱商事系のロイヤリティ マーケティング(LM)が10年に開始した。現在LMの出資構成は、三菱商事42.37%、ローソン20%、リクルート15%、日本航空(JAL)15%などとなっている。今回の提携によりKDDIは、三菱商事からLM株20%を取得するため、三菱商事の保有比率は22.37%となる予定だ。

   ここで気になるのが、ドコモとの関係性だ。ドコモとローソンの資本業務提携は、10年以上前にさかのぼる。ドコモは06年、ローソンの209万2000株を取得した。19年8月末現在でも、所有株数は変わらず、発行済株式総数における割合は2.09%を維持しているが、今回KDDIが取得する株数を若干下回っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中