2020年 7月 6日 (月)

無期懲役で「万歳三唱」 新幹線殺傷判決、テレビ・新聞はこう伝えた

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

    新幹線殺傷事件の小島一朗被告(23)は、「希望通り」の無期懲役の判決が言い渡されたあと、しばらく量刑理由などに耳を傾けたあと、「控訴はしません。万歳三唱をします」と発言し、大声で万歳を3回繰り返した。

    被告による法廷での異例の振る舞いについて、各メディアはどう伝えたのか。

  • 事件はさまざまな議論を巻き起こした(写真はイメージ)
    事件はさまざまな議論を巻き起こした(写真はイメージ)
  • 事件はさまざまな議論を巻き起こした(写真はイメージ)

ゴゴスマ石井MC「考えられないですね」と繰り返す

    東海道新幹線で2018年6月、乗客の女性2人をナタで切りつけて負傷させ、止めに入った男性を殺害したとして、横浜地裁小田原支部(裁判員裁判)は19年12月18日、小島被告に求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

    被告はこれまでに、「刑務所に一生入りたい」と繰り返し、一方で「自分の命が惜しくてたまりません」と死刑にはなりたくないとする考えを公判で示していた。無期懲役の判決は、検察による求刑通りであり、被告の「希望通り」の結果でもあった。

    テレビや新聞にコメントを寄せた法曹関係者らも「聞いたことがない」と感想をもらした被告による「有罪で万歳三唱」について、各メディアの報道ぶりを確認した。

    判決当日、結果を速報で伝えた各局の昼ワイドショーでは、弁護士を交えてコメンテーターらが感想を口にした。

    「ゴゴスマ」(TBS系)では、判決速報からしばらくして入った「被告が万歳三唱」の情報を受け、MCの石井亮次アナが「考えられないですね」と、少なくとも3回は繰り返した。石井アナは「僕らでもこんだけ腹立ってんのに、ご遺族の方は...怪我した方々は、どういう気持ちの整理をすれば...」とも語った。

   同番組で国際弁護士の清原博氏は、判決速報の際には、理不尽な思いはあるが、現状の裁判は「感情だけ」で死刑にはできない仕組みになっており、裁判員らは無期懲役の判決で「しょうがない」という判断しかできなかったと思う、と話していた。一方で「万歳三唱」報道後は、最高裁が1983年に示した「永山基準」(死刑選択が許されるとする9項目)の見直しについて触れ、裁判員裁判が(2009年に)始まり市民感覚を取り入れる前の古い基準であり、最高裁が市民感覚を取り入れた「違う基準」を新たに立てる、ということをしないと、今回の小島被告のようなケースは「適正な処罰はできない」との考えを示した。

   「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)は、判決速報前後で同事件を扱ったが、その後は別の話題に移り、「万歳三唱」を受けたやりとりは見受けられなかった。「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)では「万歳三唱」報道をうけ、お笑い芸人でコメンテーターの竹山隆範氏が「(今日の判決は)間違った判断をした。レベルの低い判決をしたと個人的には思います」と疑問を呈していた。MCの安藤優子氏は「あまりにショックが大きすぎて...」と感想を述べていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中