2020年 11月 26日 (木)

イオンの「マスク着用NG」、事務職対象の子会社も 社外との打ち合わせも「接客」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   イオン傘下の靴小売チェーン「ジーフット」が、取引先との打ち合わせなどでマスク着用を原則禁止したことが分かった。

   イオンでは、グループ各社に店舗での接客時にマスク着用を認めない方針を伝えていたが、ジーフットでは事務職も対象となる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

マスクは「イメージが悪い」

   イオンは2019年12月中旬、客からの「接客時に(マスクを着けていると)声が聞こえづらい」といった声などを踏まえ、グループ各社に接客時のマスク着用を原則禁止する方針を伝えた。

   風邪や花粉症などの場合は上長の許可があれば認めるなど例外もあるが、現場で働く従業員からは不満も上がっていた。

   このルールを、"接客"しない事務職に適用するグループ企業もある。靴小売り大手のジーフットは、店舗で接客する従業員に加え、東京本社、地方事務所の全従業員も対象とする。

   同社のIR広報部長は26日、J-CASTニュースの取材に、導入の背景を「(取引先などの)お客様にとって表情が分かりづらかったり、コミュニケーションが妨げられたり、イメージが悪かったりといった理由です」と説明する。

   会社の人事担当部署には特に不満は寄せられておらず、従業員へのヒアリングは現時点で予定していないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中