2020年 2月 23日 (日)

紅白で「限界突破」メドレー披露の氷川きよし 2019年の変貌にかけた思い

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   大みそか恒例のNHK紅白歌合戦のリハーサルが2019年12月28日に東京・渋谷のNHKホールで始まり、20年連続で出場する氷川きよしさん(42)も登場。報道陣に対して、放送当日の見どころや、デビュー20周年の2019年に起きた自身の変化について語った。

  • 氷川きよしさん
    氷川きよしさん

「紅組のような白組のような」「『きよし君』よりも『きーちゃん』」

   17年、それまでの演歌歌手のイメージを打ち破り、アニメ「ドラゴンボール超」オープニングテーマ「限界突破×サバイバー」をリリースした氷川さん。19年はビジュアル系の衣装で大規模アニメソングライブ「Animelo Summer Live 2019」(アニサマ)に出演してアニメファンを驚かせた。また開設したインスタグラムでウエディングドレス姿の写真を投稿するなど中性的な美しさで注目されると、従来の「きよし君」に加えて「きーちゃん」という愛称も生まれ、「演歌歌手」「男らしさ」の壁を突破しつつある。

   氷川さんは「紅白限界突破スペシャルメドレー」を歌唱する予定だが、28日のリハーサルは報道陣には非公開で行われた。詳細な曲目については「『限界突破サバイバー』と『大丈夫』(19年の氷川さんの演歌新曲)を歌わせてもらいます」とするにとどめ、演出は「すごいことになるんですよ。緊張して震えて...大変なことになるんで」と語り、衣装のコンセプトも「紅組のような白組のような...」と本番に期待を持たせ、演歌歌手としての「きよし君」よりも「きーちゃん」が前面に出た紅白になるだろうとも語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中