2021年 6月 20日 (日)

炎上アワード受賞の西野未姫、2020年は「いい炎上」で注目されたい!

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「この1年で大人になったのかも」

―― そういえば、HKT48の村重杏奈さんと共演している動画チャンネル「俺ら」では、「みきちゃんほんとに大人になってて、人の話聞いてるのに、村重うるさい」といったコメントが結構ありました。炎上とは少し違いますが、「リアクション大きい」「やかましい」キャラは村重さんに譲って、別の方向性を考えていきますか。

西野: 最初のころ「うるさい」と言われたのは、緊張するとパニクっちゃったからなんですよ。テレビ出たてで緊張してるころはすごく空回りすることが多かったんですけど、この1年で色々な経験をして、まだまだですけどちょっと落ち着きを持ったというか周りの空気を少しずつ読めるようになったのかな、と思います。別に無理矢理静かにしたり、うるさくしてるわけでもなくて、ありのままでやっているので、私自身この1年で大人になったのかもしれないですね。

―― 確かに、最初はリアクションの大きさで注目されていましたが、キャリアを重ねる中で落ち着いてこられた。

西野: ダイエットをきっかけに、考え方が結構変わったかもしれないですね。すごく視聴者から嫌われても、共演者は「炎上することはいいことだよ」と言ってくれるんですよ。だから「別に炎上したところでいいですけど。『いいね!』しちゃうから」といった気持ちでいましたが、「サマスタ」あたりから、炎上に対する考え方が変わりました。すごく女子ファンが増えて、私がダイエット頑張っていることでファンの方が応援してくれて、私を見て頑張ろうと思ってくれる人がいることを知ると、「別に炎上することって、そんなにいいことではないんだな」という思いを持つようになりました。私も諦めてたんですよ、結構。人から嫌われるのが当たり前だし、私のことをあんまり好きって思ってくれる人なんてほとんどいないし、まあ仕方ないからいいや...って。でも、何かをきっかけに頑張れば、私のことを好きになってくれる可能性がゼロではないことを感じたので、「いい炎上」をできるように自分が頑張ればいい、という思いになりました。この1年、だから落ち着いたのかも。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中