2020年 8月 15日 (土)

NHKミサイル誤報は日本の陰謀? 北朝鮮メディアが「下心」勘繰る

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

    NHKが2019年末に北朝鮮のミサイル発射を誤報した問題をめぐり、北朝鮮のメディアが20年1月6日に相次いで反応した。朝鮮中央通信は誤報を通じて日本の「下心」を勘ぐる一方で、北朝鮮の宣伝機関「祖国平和統一委員会」が運営するウェブサイト「わが民族同士」は、誤報で日本が「世界の笑いものになった」などと言及した。

    この誤報をめぐっては、韓国メディアが「このような偽アラームが戦争を引き起こしかねない」などとする専門家の談話を交えて批判的に報じたという経緯がある。今回の北朝鮮の言及でさらに影響が広がったと言え、NHKにとっては痛恨のミスだと言えそうだ。

  • 2019年末は「誤報」だったが…(写真は労働新聞ウェブサイトから)
    2019年末は「誤報」だったが…(写真は労働新聞ウェブサイトから)
  • 2019年末は「誤報」だったが…(写真は労働新聞ウェブサイトから)

「再侵略のための武力近代化を促そうとする下心の明確な発露」

    NHKの誤報は、19年12月27日未明の0時22分、ニュースサイトやニュース・防災アプリなどで

「北朝鮮のミサイル 海に落下と推定 北海道襟裳岬の東約2000キロ」

と速報を出した、というもの。その約20分後の0時45分にウェブサイトで

「0時22分配信の北朝鮮ミサイル落下のニュース速報は誤りでした」

とする訂正を出し、総合テレビのニュースでも誤報について陳謝した。

    北朝鮮が反応したのはその10日後だ。朝鮮中央通信が「何を狙った『誤報』騒動か」と題して配信した記事では、「誤報」について

「明白に、自国内にわれわれに対する恐怖の雰囲気を醸成し、それをきっかけにして再侵略のための武力近代化を促そうとする下心の明確な発露である」

と主張。19年11月には、改憲発議に反対するデモが起きたことを指摘しながら、

「日本の反動層が民心を逆転させて一石二鳥の効果を見ようと考案したのがまさに、ミサイル『誤報』騒動である」

とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中