2020年 9月 30日 (水)

「大補強」ロッテは本当に戦力アップしたか 優勝へのカギ握るのは、むしろ...

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   今オフに大型補強で球界の主役となったのがロッテだ。

   ソフトバンクから福田秀平、楽天から美馬学をいずれもFAで獲得に成功。福田は残留を認めていたソフトバンクを含めて6球団の争奪戦を制し、美馬も巨人有利の下馬評をひっくり返しただけに衝撃は大きかった。

  • 2020年、ロッテ飛躍のカギを握るのは誰か(イメージ)
    2020年、ロッテ飛躍のカギを握るのは誰か(イメージ)
  • 2020年、ロッテ飛躍のカギを握るのは誰か(イメージ)

投打の柱が抜けた弱みも

   FAだけではない。救援陣も一気に厚みが増した。元楽天のハーマン、広島で2016~18年までプレーし、リーグ3連覇に大きく貢献した元ブルワーズのジャクソンを補強し、守護神・益田直也につなぐ勝利の方程式が完成した。

   外国人野手は昨季チームトップの32本塁打を放ったレアードが来季2年契約の2年目。昨季のシーズン途中で来日し、52試合出場で5捕殺と右翼で強肩を発揮したマーティンも残留した。打率.232だったが14本塁打と長打力もある。日本野球に慣れた今年はさらなる活躍が期待される。

   ドラフトも1位で4球団が競合した大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希も井口監督が当たりくじを引き当てた。

   球団とすれば理想の補強戦略が実現したと言えるだろう。一方で、投打の柱も抜けた。いずれも楽天に移籍した鈴木大地と涌井秀章だ。

   鈴木はFA移籍、涌井は金銭での電撃トレードと事情は違うが、共にチームの功労者と言える。選手に大きな影響を与える精神的支柱として存在感は大きかった。スポーツ紙記者はこう分析する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中