2020年 10月 23日 (金)

新型肺炎でオリンピック「中止だ中止」!? 「AKIRAの予言」を思い出す人続出

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   中国・武漢からチャーター機で帰国した日本人3人がコロナウイルスに感染していたことが分かるなど、拡大を続ける新型肺炎。そんな中、ツイッター上を中心に、「AKIRAを思い出した!」とする声が広がっている。

   「AKIRA」とは、漫画家の大友克洋氏による漫画で、1988年には本人監督によるアニメ映画が公開され、大反響を呼んだ。同作では漫画の連載開始時期(1982年)から見た未来である、2019年の東京が描かれているが、注目すべきは、作品中の東京でも2020年にオリンピックが開催されることになっている点だ。

  • 2020年東京オリンピックの会場として使用される新国立競技場(Wikimedia Commonsから/江戸村のとくぞう氏撮影)
    2020年東京オリンピックの会場として使用される新国立競技場(Wikimedia Commonsから/江戸村のとくぞう氏撮影)
  • 2020年東京オリンピックの会場として使用される新国立競技場(Wikimedia Commonsから/江戸村のとくぞう氏撮影)

マイナスになりそうなニュースが流れるたびに...

   現実の世界で2020年に東京オリンピックを開催することが決定したのは2013年のことであり、それを遡ること31年前に東京オリンピックが2020年に開催されるとの設定を盛り込んでいたとあって、同作は開催決定の際にはアニメファンの間で、「東京オリンピックを予言していた」と、大きな話題に。なお、その後もその「予言説」は散発的にアニメファンの間で話題になるなどしているが、実は、その話題になり方があまり縁起の良いものではないのだ。

   というのは、同作には、東京オリンピックまでのカウントダウンを行う看板が映るワンシーンがあるが、その看板は「紛砕」(作中ママ)「中止だ中止」といった落書きで汚されており、オリンピックの開催が国民的支持を得られていないことを暗示する描写がなされているのだ。このため、2019年にJOCの竹田恒和会長(当時)に対し、フランス当局が捜査開始の手続きを取ったとのニュースなど、開催にマイナスになりそうなニュースが流れるたびに、当該シーンが「中止の予言ではないか」とする声が上がる事態となっているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中