2020年 8月 8日 (土)

としまえん閉園は「半世紀以上前」からの運命だった? ハリポタ計画への長い伏線

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   西武ホールディングス(HD)のグループ会社が運営する遊園地「としまえん」(東京都練馬区)が、段階的な閉園を計画している、と報じられた。

   西武側は現時点で、決定事項はないとしている。しかし実は、としまえんの敷地には、以前から公園化する計画があった。突然と思われがちの「閉園報道」を読み解く。

  • 「練馬城址公園駅」になるのか?
    「練馬城址公園駅」になるのか?
  • 練馬城址公園の「優先整備区域」参考図(東京都都市整備局サイトより)
    練馬城址公園の「優先整備区域」参考図(東京都都市整備局サイトより)
  • 「練馬城址公園駅」になるのか?
  • 練馬城址公園の「優先整備区域」参考図(東京都都市整備局サイトより)

跡地は防災公園と「ハリポタ」に?

   「としまえん閉園検討」は2020年2月3日午前、新聞やテレビを始めとする主要メディアから、一斉に報じられた。報道を総合すると、20年以降に段階的に閉園し、跡地は東京都が整備する防災公園となり、敷地の一部は23年春にもワーナー・ブラザースによる「ハリー・ポッター」のテーマパークに生まれ変わるという。各社は「関係者への取材」を通し、春にも正式決定する見込みだと伝えている。

   老舗遊園地の「閉園」報道によって、インターネット上では製造から100年以上の歴史を持つ回転木馬(メリーゴーラウンド)「カルーセルエルドラド」の動向も注目されている。しかし、西武鉄道広報部は2月3日、J-CASTニュースの姉妹サイト「Jタウンネット」の取材に対して、

「そもそも閉園やテーマパークができるという話も決まっていることではないので、エルドラドをどうするかということに関しても、特段なにも決まっていない状況です」

と回答。現時点での決定事項はないとの立場を示している。

   今回の報道を受けて、インターネット上にはショックと悲しみの声が続出。2月3日にはツイッターの「日本のトレンド」で、数時間にわたり1位に「としまえん」が入った。しかし、これまで公表されてきた各種資料を読み込むと、閉園報道が突如として起きたものではないとわかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中