2020年 2月 21日 (金)

牛丼は「健康に悪い」ツイート物議 国民・岸本周平議員「不快な思いさせた」、玉木代表も謝罪

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   チェーン店の牛丼について、国民民主党の岸本周平衆院議員(63)が、健康に悪いといった内容のツイートをして、物議を醸している。

   岸本氏は、投稿を削除し、「不快な思いをさせた」とツイッターで謝罪した。

  • 岸本周平氏はツイッターで謝罪
    岸本周平氏はツイッターで謝罪

「成長ホルモンや成長促進剤を使ったアメリカンビーフ」

「本会議前に、国会内の牛丼チェーン店で牛丼をいただきました」

   岸本氏は2020年2月6日、ツイッターでこう切り出し、牛丼の写真をアップして次のようにその感想をつづった。

「成長ホルモンや成長促進剤を使ったアメリカンビーフの可能性が高く、健康には悪いのですが、安くて美味しいのでよく食べます。人生も後半戦なので、まあいいかっと。若い人は気をつけてくださいね」

   その直前にもフェイスブックで同様なことを書いており、そこでは、「成長ホルモンや促進剤を国内で禁止しながら、使用した肉類の輸入を許可している先進国は日本だけです」と政府に批判的なコメントもしていた。

   これに対し、「中傷発言するのはダメですね」「営業妨害だよな?」といった疑問や批判が相次ぎ、ツイートは炎上状態になった。

   国会議事堂内には、大手牛丼チェーン「吉野家」の店舗があるため、吉野家の公式ツイッターには、「国民民主党の国会議員が御社の牛丼は体に悪いと世界発信してますが、ホントなんですか?」との問い合わせが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中