2020年 4月 6日 (月)

井上尚弥の「最強挑戦者」はリゴンドー? 実現すれば「苦戦」が予想される理由

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ボクシングのWBA世界バンタム級王座決定戦が2020年2月8日(日本時間9日)、米ペンシルベニア州で行われ、元WBA、WBO世界スーパーバンタム級王者ギジェルモ・リゴンドー(39)=キューバ=が、元WBA世界スーパーフライ級王者リボリオ・ソリス(37)=ベネズエラ=を2-1の判定で下し2階級制覇を達成した。リゴンドーが正規王座獲得したことで、WBA世界バンタム級スーパー王者・井上尚弥(26)=大橋=との王座統一戦の可能性が出てきた。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)

ドネアに引けを取らないレジェンド

   リゴンドーVSソリス戦は、序盤からブーイングが飛び交う派手さにかけた一戦となった。パンチが当たらない距離を保ち、時折、いきなりの左フック、ストレート、アッパーで相手の出鼻をくじく。39歳となったリゴンドーの「老獪」さは相変わらずで、決して危険を冒さない。7回に左アッパーからの連打でダウンを奪うも無理に倒しにいかず勝負は判定へ。採点は2-1に割れたものの、リゴンドーが「負けないボクシング」で勝ち切った。

   井上を中心に動いている世界のバンタム級は、現在、井上がWBAスーパー、IBFの2つの王座を保持している。4月25日(日本時間26日)にWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と王座統一戦に臨み、これに勝利すれば3団体統一王者となる。一方で、リゴンドーがWBAのレギュラー王座に就いたことで、井上、カシメロ以外にバンタム級には2人の王者が存在することになる。

   主要4団体の王座統一を目指す井上は、カシメロのWBO王座を獲得し、その次はWBCもしくはIBFの指名試合が予想される。バンタム級では世界の「モンスター」を巡る争奪戦の様相を呈しており、リゴンドーも井上との対戦を熱望する王者のひとりで、階級を1階級下げて井上と同じ土俵に立った。衰えが見え始めたとはいえ実績でいえばドネアと引けを取らない軽量級のレジェンドだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中