2020年 8月 8日 (土)

立憲・杉尾氏「新型コロナではないので...」 与党なら失言?河野氏「雨男」の時は問題視が問題視

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   立憲民主党の杉尾秀哉参院議員が2020年2月13日に行われた集会で行ったあいさつがネット上で議論を呼んでいる。杉尾氏はあいさつの中で咳が止まらないことに触れて「新型コロナではないので、ご安心いただければ」と話し、会場からは笑いも起きた。後にその様子が「まとめサイト」で「これが与党発言なら目くじら立てて抗議するクセに」といった声とともに拡散され、一部で批判が広がった。

   与党議員の発言では、河野太郎防衛相が19年10月に自身のパーティーで「私はよく地元では雨男と言われた。私が防衛大臣になってから既に台風は三つ」と述べて問題視されたことがある。

  • 杉尾秀哉参院議員は「これは本当にテレビ報道全体の深刻な問題だと思う」などと訴えた
    杉尾秀哉参院議員は「これは本当にテレビ報道全体の深刻な問題だと思う」などと訴えた
  • 集会であいさつする立憲民主党の杉尾秀哉参院議員(写真右)。集会には100人以上が参加した
    集会であいさつする立憲民主党の杉尾秀哉参院議員(写真右)。集会には100人以上が参加した
  • 杉尾秀哉参院議員は「これは本当にテレビ報道全体の深刻な問題だと思う」などと訴えた
  • 集会であいさつする立憲民主党の杉尾秀哉参院議員(写真右)。集会には100人以上が参加した

「7度5分まで下がったので国会事務所に来ました」「風邪が治らないまま国会へ」

   杉尾氏があいさつ冒頭で話題にしたのが、自らの体調だ。杉尾氏のブログには

「風邪を引きました。けさ熱っぽいので体温を測ったら38.4℃もありました。でも、国会日程や大事な地元の予定があり、休んでいる訳にはいきません。幸い自宅にあった解熱剤を飲んで少し寝たら、7度5分まで下がったので国会事務所に来ました」(2月12日)
「風邪が治らないまま国会へ」(2月13日)

とあり、体調不良をおしての集会出席だった。4分30秒ほどにわたるあいさつの冒頭、

「みなさんこんにちは。立憲民主党の参院議員の杉尾秀哉です。ちょっと風邪引いておりまして咳が止まんなくてですね、新型コロナではないので、ご安心いただければという風に思うのですけれども...」

などと話し、会場からは笑いが起こった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中