2020年 12月 3日 (木)

井上尚弥「打倒」にカシメロ、異例のロング合宿へ 1カ月以上前から現地入り決行

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(30)=フィリピン=が、異例のロング合宿で「モンスター」狩りに臨む。

   2020年4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=と拳を交えるカシメロが、3月15日にラスベガス入りする。試合1カ月前に現地に乗り込み、異例のロング合宿で最終調整を行う。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)
  • 井上尚弥(2016年撮影)

井上も試合1カ月前からラスベガス入りを計画

   カシメロは現在、米フロリダ州マイアミで合宿を張っており連日、ジムワークをこなしている。フィリピンの現地メディア「MANILA BULLETIN」によると、カシメロはマイアミでの合宿後、3月15日に決戦の地ラスベガス入りするという。海外で世界戦を行う場合、通常は1週間前、早くても10日前後で現地入りする選手が多く、試合1カ月以上も前に現地に乗り込むのは異例のことだ。

   ラスベガス合宿には、コンディショニングコーチのメモ・メレディア氏とマニー・パッキャオの側近であるノノイ・ネリ氏が加わり、万全の態勢を敷く。カシメロは井上戦に絶対の自信を見せており、これまでも「俺がリアル・モンスターだ」と息巻き、陣営も挑発を繰り返している。

   一方の井上も試合の約1カ月前に現地入りする計画を立てている。井上はこれまで米国と英国で試合をしているが、現地入りしたのはいずれも試合の1週間から10日前。今回は家族同伴でラスベガス入りする予定で、統一戦に臨む「意気込み」の表れでもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中