2020年 4月 2日 (木)

相模原駅員、感染発表に「2日のタイムラグ」 5chではリーク情報も出回っていた

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   神奈川県相模原市内で見つかった新型コロナウイルス感染者について、JR横浜線・相模原駅の駅員だとする発表が、第一報の2日後となったことについて、ネット上で批判の声も出ている。

   ネット掲示板で情報が「リーク」されたことがきっかけではとの指摘もあるが、JR東日本は、それとは別の理由だと説明している。

  • 鉄道での感染が心配されているが…(写真はイメージ)
    鉄道での感染が心配されているが…(写真はイメージ)

市が最初に発表したときは、駅員と明かさず

   「JR東日本は隠蔽している」。5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の新型感染症板のスレッド「【肺炎】2019年新型コロナウイルス総合スレPart14」には2020年2月23日夜、こんな書き込みが行われた。

   そこでは、相模原駅員が新型コロナに感染しているとし、同じ人物とみられる連続の書き込みでは、JR東日本の人から入手したとして、「総務・法務戦略部 リスクマネジメントユニット」による22日付メールの文面が投稿された。

   文面では、「【危機管理】(再徹底)社員の新型コロナウイルス感染について」と題して、JR東日本の社員への新型コロナウイルス感染が21日に確認されたとして、会社の危機管理本部がこれまでに出した感染症対策の指示を再徹底することなどを求めている。

   さらに、この書き込みでは、「社員の新型コロナウイルス感染について(再徹底)」と題した22日付文書も投稿しており、そこでは感染者の社員は50代男性とされていた。

   相模原市は22日、検査で陽性が同日に確定して50代男性の感染が確認されたと発表していたが、このときは駅員だと明かしていなかった。

   しかし、24日になって、JR東日本とともに、この男性は同社社員だったと発表し、市では、記者会見も行った。市は会見で、JR東日本に駅員だと発表するよう22日から要請していたが、JR側の事情で発表できなかったと説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中