2020年 6月 4日 (木)

ロマゴンは「はるかに小さい挑戦者」なのか 元PFP最強王者が挑む「階級の壁」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトル戦の記者会見が2020年2月26日、米テキサス州ダラスで行われ、王者カリド・ヤファイ(30)=英国=と挑戦者ローマン・ゴンザレス(32)=ニカラグア=が対面した。

   タイトル戦は2月29日(日本時間3月1日)に当地で行われ、元パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強王者が生き残りをかけて26戦全勝王者に挑む。

  • WBA公式サイトから
    WBA公式サイトから
  • WBA公式サイトから

復帰後わずか3カ月で世界戦のチャンスが

   ロマゴンは昨年12月に1年3カ月のブランクを経てリングに復帰。スーパーフライ級を1ポンド(約450グラム)上回る116ポンド契約の8回戦に臨んだ。ディオネル・ディコス(フィリピン)相手に持ち前の強打を見せつけ、2回TKOで勝利し完全復活をアピール。そして復帰後わずか3カ月で世界戦のチャンスが巡ってきた。

   ロマゴンの世界タイトル挑戦について当初、フライ級で再スタートを切るのではないかとの見方もあった。ミニマム級、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級を制覇し、PFP1位の座を獲得したこともあるが、4階級目となるスーパーフライ級の世界戦では1勝2敗と負け越しており、体格面での限界を指摘する関係者もいた。

   実際、ミニマム級からフライ級時代までパワーで押し切る場面が多くみられたものの、スーパーフライ級に階級を上げてからはそれまでのパワーボクシングが影を潜めた。プロキャリアの2敗はいずれもシーサケット・ソー・ルンヴィサイ(タイ)に喫したもので、2017年9月のリマッチではキャリア初のKO負けを喫している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中