2020年 11月 29日 (日)

イベント続々中止で「補償」は? 保険会社の見解割れる

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   新型コロナウイルスの感染拡大で、政府の要請を受けてイベントの中止が相次ぎ、「会社が潰れかねない」などと関係者からネット上で悲痛な声が漏れている。

   「保険がおりない」との声も多いようだが、現状はどうなっているのだろうか。

  • 「ノンラビ」リーダー田口達也さんのツイート
    「ノンラビ」リーダー田口達也さんのツイート
  • 「ノンラビ」リーダー田口達也さんのツイート

あるロックバンド「ライブの中止で保険はおりません」

   「僕らの様なアーティストはこの規模のライブの中止で会社すら潰れかねない損失を受けます」。ロックバンド「ノン ストップ ラビット」(略称・ノンラビ)のリーダー田口達也さん(26)は2020年2月26日、自身のツイッターでこんな窮状を訴えた。

   ノンラビでは、政府要請を受けて、3月1日に東京都内で予定していた全国ツアーの最終公演を中止にした。チケット代の払い戻しは後ほどお知らせすると公式サイトで明らかにしたが、ツイートによると、公演費用は1000万円を超えたという。

   しかし、会場予約は1年以上先になるため振替公演を確保できず、「今回のコロナウイルスによるライブの中止で保険はおりません」とも明かした。そして、個人の意見だと断ったうえで、電車の利用が今も続き検査体制も整っていないなど、感染者が減りそうもない状況だとして、中止要請をした政府に「本気で対応してください」などと呼びかけている。

   政府の要請が出た26日は、PerfumeやEXILEなども当日の公演を中止しており、エンタメ業界の損害額は数百億円にも達する見込みだとの報道も出ている。ノンラビのほかにも、イベント中止による苦境を明かす関係者のツイートなども相次いでいる。

   ヴァイオリンで歌うユーチューバーのYUUさんは、イベントは「不要不急の集まり」ではなく、ないと生活できない人もいるとツイッターで訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中