2020年 10月 27日 (火)

好角家・やくみつる氏、「エア力水」に疑問呈す 春場所無観客開催には「安堵」するも...

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

「柄杓を大量に買えば...」

   また濃厚接触を防ぐため、2020年春場所では、取組前に柄杓(ひしゃく)にくんだ水をつける「力水」(十両以上の取組)も「口を付けないようにする」ことも協会から発表された。しかし、やく氏は、

「『エア力水』みたいになるんでしょうかね? 相撲は神社のお参りと一緒で神事なので、そこは大量に柄杓を購入して1回、1回変えるとか。(感染対策で神事が)形骸化していくことも問題ではないでしょうか」

と、一部に疑問も呈した。

   毎年3月に行われる大阪場所は「荒れる春場所」という異名を持つ。最近では、2011年2月に発覚した「八百長問題」で実態解明を優先させるため場所開催を中止、65年ぶりの出来事となった。同年夏場所(5月)も興行ではなく「技量審査場所」として無料公開した経緯がある。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中