2020年 3月 29日 (日)

楽天モバイル「2980円」の標的 サポータープログラムを使ってきた筆者が読み解く

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   楽天モバイルの自社回線(MNO)が、2020年4月8日から本格サービスを始めると発表した。

   料金プランは、月々2980円(以下、税別)の1種のみ。自社回線エリアではデータ使い放題で、最初の1年間は300万人が無料になるという。

  • オリジナルのスマホ機種「Rakuten Mini」
    オリジナルのスマホ機種「Rakuten Mini」

「データ無制限」「電話かけ放題」を掲げる

   20年3月3日に行われた正式プラン発表会では、楽天の三木谷浩史会長兼社長みずから、自社回線の正式プランを発表した。名称は「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」。わかりやすい1種のみを用意し、別プランは「将来的にも出す予定はありません」(三木谷氏)と明言した。

   今回発表された正式プランでは、自社回線エリア内のデータ通信が使い放題となる。ただ楽天モバイルは現在、自社エリア拡大を進めているが、多くの地域でKDDI回線をローミング(提携会社の回線を利用できること)している。ローミングエリアの場合には、月々2GBが通信上限(超過後は128kbps、高速通信分の追加は1GB500円)となるため、スタート時から「データ無制限」の恩恵を得られるのは、東名阪のユーザーが中心になってくるだろう。海外でも66の国と地域で、毎月2GBのデータ通信ができるという(SMSは無料)。また、電話やSMSをまとめた新サービス「楽天Link」を利用すると、国内通話も無制限で「かけ放題」になる。

   そして最大の目玉は、300万人を対象に「1年間無料」とすることだ。最大限に活用できるのは、まだ一部地域に限られるが、2980円×12か月=約4万円が節約できるとあれば、興味を持ってみる人もいるだろう。では、本当のところ、実用に耐えるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中