2020年 8月 15日 (土)

ハッピーターン、名前の由来にSNS注目 意外な「オイルショック」との関係が...

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   新型コロナウイルスをめぐるデマで、薬局やスーパーマーケットからトイレットペーパーの姿が消えた。日本家庭紙工業会によるアナウンスやスーパーによる注意喚起により、現在では品切れが解消しつつあるが、一部地域ではいまだ品薄状態が続いている。

   この状況にSNSでは、やはりトイレットペーパーの品切れ騒動が起きた第一次オイルショック(1973年)を想起する人も多いが、話題となっているのは同時代に開発されたお菓子「ハッピーターン」だ。

  • ハッピーターン公式サイトより
    ハッピーターン公式サイトより
  • ハッピーターン公式サイトより

「幸せがお客様に戻って来るように」

   米菓メーカー最大手の亀田製菓より発売されているハッピーターンは、甘じょっぱい粉が降りかかった洋風のソフトせんべい。亀田の柿の種に次ぎ、同社製品の売り上げ第2位を誇っている人気商品だ。実はこのハッピーターンの名前の由来は、第一次オイルショックにある。

   公式サイトによると、

「ハッピーターンが開発されていた時期は、第一次オイルショックの影響で、日本中が不景気な状態だった。そこで、文字通り幸せ(ハッピー)がお客様に戻って来る(ターン)ように、願いをこめて新商品に『ハッピーターン』と名付けた」

とのこと。

   また亀田製菓が本社を置く新潟県の新潟日報(2006年5月22日付)に掲載された、同社商品企画部マネージャー(当時)のインタビューでは、

「米菓を買う層は40~50代の主婦なので、奇抜すぎてもだめ。その上、10、20年たっても廃れない新鮮な名前も求められる。当時、商品そのものという名前を付けることが多かった中で、イメージだけで名付けることは斬新だったと思う」

と語られている。

   1973年に起きた第一次オイルショックでは、原油価格が高騰する中、無関係なトイレットペーパーの品薄の噂が流れ、人々が買い占めに走って騒動となった。一方、1976年に発売されたハッピーターンは、その名が廃れることなく現在でも多くの人に愛されている。

   今回、やはり無関係にもかかわらず起きたトイレットペーパーの品切れ騒動が話題を呼ぶ中、ハッピーターンの名前の由来を紹介したツイートが話題に。ハッピーターンの公式ツイッターもその投稿をリツイートするなどして拡散が続き、意外な縁に注目が集まっている。

   SNSでは「そんな由来があったとは」と驚きの声や、トイレットペーパーではなく「ハッピーターン買い占めて来ます」「次はハッピーターンが売切れる?」とつぶやく声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中