2020年 3月 29日 (日)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
コロナでニューヨークもゴーストタウン

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   全米を今、新型コロナウイルスが襲っている。

   これまで共和党も民主党も、新型コロナウイルスを政治利用していたかに見えるが、両党で言い争っている場合ではなくなった。

   今回のこの連載では、新型コロナウイルスの影響を大きく受けている米最大都市ニューヨーク市から、街や人々の様子を何回かに分けて伝えたい。

   ニューヨーク州は感染者数が、ワシントン州を越えて最多となった。ニューヨーク市では、2020年3月12日には95人だった感染者が、17日の発表では923人と急増している。住民は感染を恐れて外出を避け、可能な限り在宅勤務している。

  • 閑散としているブロードウエイの劇場街
    閑散としているブロードウエイの劇場街
  • 通勤列車が多く発着するターミナル「グランド・セントラル」駅も、人影はまばら
    通勤列車が多く発着するターミナル「グランド・セントラル」駅も、人影はまばら
  • ロックフェラーセンターのスケートリンクで滑っていたのは、このカップルだけ
    ロックフェラーセンターのスケートリンクで滑っていたのは、このカップルだけ

「これは戦争だ」

「これは戦争だ。我々は手をたずさえて、打ち勝たなければならない」

   3月17日朝(米東部時間)も、ニュースキャスターや政府関係者が発言していた。

   3月17日は、マンハッタンの5番街でSaint Patrick's Day Parade(セントパトリックス・デー・パレード)」が繰り広げられ、街は緑一色に染まり、街中のアイリッシュバーはビールを手に人々が道まであふれ出し、この日を祝っているはずだった。が、コロナウイルスの影響で、1762年に始まって以来、初めて、この街最大のパレードは延期となった。

   そのたった数日前、忘れ物のジャケットを取りに行ったアイリッシュバーでは、体格のいい男たちが、狭いカウンターでかなり接近して飲み食いしながら、話に花を咲かせていた。

   こうした「危機感に欠ける」人々の行動を懸念し、ニューヨーク市の広域都市圏を含むニューヨーク、ニュージャージー、コネチカット州の3州は、16日夜8時以降、レストランやバー、カフェを閉鎖。テイクアウトとデリバリーだけに限り、営業を認めている。

   また、映画館、ジム、カジノを完全に封鎖。50人以上の集会も禁止している。公立校も18日から2週間、閉鎖されることになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中