2020年 8月 13日 (木)

田嶋JFA会長のコロナ感染で「Jリーグはどうなんの?」 再開めぐりサポから心配の声

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(62)が新型コロナウイルスに感染していることが2020年3月17日、判明した。特に中断中のJリーグが4月3日再開をめざしていた矢先だっただけに、再開時期をめぐる影響が懸念されている。

   Jリーグの管理運営は、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が行っている。17日にもJリーグ理事会が開催されたが、予定されていた村井満チェアマンの会見は急きょウェブ上で行われる異例の措置が取られていた。

  • 田嶋幸三会長
    田嶋幸三会長
  • 田嶋幸三会長

2月末~3月上旬に欧米を歴訪

   JFAの17日の発表によると、田嶋氏は2月28日の出国から3月8日の帰国にかけて欧米を訪問。北アイルランドで国際サッカー評議会(IFAB)の年次総会、オランダで欧州サッカー連盟(UEFA)の理事会や総会に出席した。5日には米国で、女子日本代表なでしこジャパンが出場した「SheBelieves Cup」を視察している。

   16日に東京都文京区の保健所に相談し、海外渡航したことと「会議に同席していた関係者2人の感染」を伝えると、PCR検査を受け、17日夕に陽性だったことが分かった。「現在は微熱があるものの大事に至っておらず、保健所の指示のもとで治療を行ってまいります」という。

   発表時点では「JFA役職員等で新型コロナウイルス感染症や風邪の症状を呈している者はいません」とするが、今後も症状有無の確認、健康維持のための対応を講じるとしている。保健所などの指示で、JFAハウス館内の消毒作業などをしていく。

   もちろんJFAも、医学委員会のアドバイスを受けながら対策を講じてきた。2月26日には、3月15日までのJFA主催の全会議・イベントなどについて原則延期・中止することを発表。JFA事務局も同期間中は閉鎖し、役職員は在宅勤務するとしていた。

   そうした中でも、国内のトップが新型コロナウイルスに感染したことで、サッカー界に激震が走った。JリーグチェアマンやJFA会長を歴任した川淵三郎氏は17日、ツイッターで「残念だけど世界を駆け巡っているだけに感染の可能性がよりあったのはやむを得ないか」とした上で、「理事会での濃厚接触者がいるかどうかが心配。奥さんがお医者さんなのでケアーは問題ないと安心している。病状を毎日発信する事でウイルスへの理解が深まればと願う」と懸念した。

   18日にも「会長が感染した事で僕も間接的に感染する可能性が出てきた。10日あまり緊張して過ごさねばならない。一瞬に広がる可能性が現実としてあり、そうならないように願うばかり」と感染を懸念し、「身近に発生した事で今までとは全く違う危機感を持つ」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中