2020年 4月 7日 (火)

延期議論の中で揺れる「聖火ランナー」 なでしこ2人辞退で、正式決定を前にもはや...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京五輪の聖火リレーで国内第1走者となるサッカー日本代表「なでしこジャパン」の女子ワールドカップ(W杯)優勝チームのうち、FW川澄奈穂美、FW永里優季の2人が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、聖火ランナー辞退を表明した。

   すでに「延期」がほぼ既定路線となり、聖火リレーの実施形態も検討が続く中、ランナー自らが降板を発表する事態となった。

  • 川澄奈穂美のブログより
    川澄奈穂美のブログより

「1週間くらい前にもうやばいなと思って辞退を申し出ていた」

   米国シカゴ・レッドスターズに所属する永里は24日、ツイッターで「様々なことを考慮し、聖火ランナーへの参加は辞退させて頂きました」と表明した。「世界中で起きている恐ろしく悲しいことが1日も早く終わることを願っています」と新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、「1週間くらい前にもうやばいなと思って辞退を申し出ていたのですが、この1週間でさらに状況が悪化。とにかく世界が同じ方向を向いて、この困難を乗り越えないといけないと。踏ん張りましょう」と呼びかけた。

   23日には、米国スカイ・ブルーFCの川澄が「新型コロナウイルスの影響で、今回の聖火リレー走者を辞退いたします」と表明。「米国在住の為移動時にリスクが高いこと、自分が感染しない・感染源にならないこと、チームやファンの方々に迷惑をかけないことなどを考慮し決断しました。一日も早い終息と皆様の健康を心から願っています」と理由をつづった。

   川澄は同日、ブログでも詳細をつづっている。「ここ1~2日で日米間での渡航制限措置がとられることが決まりました 実はこの渡航制限措置が決定する前に辞退を決めていました 渡航制限が出たものの、聖火リレーに参加する可能性はゼロではないんです(なかったんです)」としており、さらになでしこジャパンのメンバーと聖火ランナーをつとめることを「本当に本当に本当に楽しみにしていました!」という。

   だが、「私はプロサッカー選手としてチームやリーグに所属しているわけで、万が一感染した場合どれだけの人たちに迷惑をかけることになるのかは容易に想像できます」と身近な人々への影響を懸念した結果、「これだけ急速に拡がり、死者もでて、治療薬もない今、リスクを冒してまで聖火リレーに参加すべきではないという判断をしました」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中