2020年 10月 27日 (火)

「自分の足がもう1年走り続けることが出来るか...」 五輪延期にベテラン選手ら苦悩

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

    2020年東京五輪の開催の行方を巡る国際オリンピック委員会(IOC)の対応に世界各国の選手から批判の声が止まらない。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、IOCは大会の延期を含めた今後の対応について4週間以内に結論を出すことを表明。IOCが4週間の期間を設けて結論を先送りにしたことに対して、海外の有力選手から批判と疑問の声が続出し、ベテラン選手から不安の声が漏れている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「今答えを必要としています」

   2012年ロンドン五輪男子400メートル障害の英国代表で、11年世界選手権の金メダリストであるデビッド・グリーン(英国)は、英紙「ガーディアン」の取材に応じ、IOCの対応について「世界の多くで多くのトラックと施設が閉鎖され、国は閉鎖されています。待つには長すぎる。世界のアスリートは4月中旬ではなく、今答えを必要としています」と訴える。

   今年4月11日に34歳の誕生日を迎えるグリーンは、今夏の東京五輪にピークを合わせて調整してきた。現在、陸上トラックのある施設が使用出来ないため、農場で丸太を使うなどの独自のトレーニングを積んでいるというグリーンは「私は今、最高の体調を維持しているが、(大会が)1年遅れれば夢を終わらせる可能性がある」と述べている。

   ベテラン選手にとって1年もしくは2年の延期は体調を維持するのが難しく、陸上とボブスレーで夏季、冬季五輪の出場経験を持つロロ・ジョーンズ(37)=米国=はツイッター上で不安を吐露している。ジョーンズは3月23日に自身のツイッターを更新し、「正直なところ、自分の足がもう1年走り続けることが出来るか分からない。年長のオリンピック候補者たちには難しい決断がある」と投稿した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中